千葉旅行②

前回の続き。

 

夕飯にと目星をつけていた店は定休日。

仕方なく入ろうとした浜焼き屋も目の前で閉店する始末。

軽くパニックになった夫を脇目に、私が適当に検索して行き着いたのは地元の定食屋。

木更津アウトレットの最寄り、観覧車のすぐ傍にあったお店。

地元の人がよく出入りしてそうな外観。

観光客が行っても良いのだろうか。

私たちの他に車もない。

不安を抱えつつ入店すると、優しそうな女将が出迎えてくれた。

 

海なし県に生まれ海なし県で育った私はとにかく新鮮な魚料理が食べたい。

早速、刺身とコチという魚の煮付けを頼んだ。

 

それがまあうまい。でてくるもの全てが嘘みたいにうまいのだ。

特に衝撃だったのが初めて食べたシャコ。シャコのお味噌汁。思わずおかわりした。

鶏の唐揚げも普通に美味しくて、ひなもよく食べていた。

 

定食屋なのにはちゃめちゃな注文をする私たちに、女将さんはこれからタコがおいしくなるんだとか、最近はバカガイが穫れないなんて話をしてくれた。

 

アットホームなお店でお腹も満たされ上機嫌になった。

最初のお店が定休日だったことを心から感謝するくらい、満足した。

 

 

 

ほくほく顔でホテルに戻った瞬間、酔った夫が店にかばんを忘れてきたと気付く瞬間まで、私たちは幸福の絶頂にいた。

(多分見てないだろうけど、お店の方には本当にご迷惑お掛けしました。)

Advertisement